free site builder

洋服で紫外線対策


夏になると薄手で白っぽい服装が似合いますよね。
普段のお出かけでも日焼け止めを塗るけど、服装の下の紫外線対策はどうなってます?

服を着てれば日焼けしない
 
紫外線は基本的には光なので影になっていればそこは日焼けはしませんよね。
同じように、肌が出ている部分は日焼けするけど服の部分は日焼けしません。
 
・・・・本当にそうですか?
Mobirise
服の下も日焼けする
 
そうなのです。
服を着ていたとしても、紫外線を100%カットするわけではないので、日焼けはしていくのです。
日焼け止めクリーム、服の下にも塗った方がよいかもしれませんね。
 
色によってわかるUVカット率
 
同じ素材でも服の色によって紫外線のカット率が変わるって知ってました?
基本的に、白っぽい色は紫外線が吸収されにくく、黒っぽい色が吸収されやすい。
 
つまり、濃いめの色ほど日焼けしないという事です。
 
でも、夏は白っぽいコーデが多いですよね。
 
生地の厚みでかわるUVカット率
 
これは想像に難くないです。
厚手生地の方が光を通しにくいので日焼け止めの効果が高いです。
 
でも、夏は自然に薄手の服装ですよねぇ。
 
素材によってUVカット率が変わる
 
ずばり、ビニロン、羊毛、ポリエステルはUVカット率が高い素材です。
逆に、シルク、ナイロン、レーヨン、麻は紫外線をよく通します。
 
これも夏に着る服ほど紫外線を良く通すというジレンマです。
 
人工UVカット素材
 
カーボン、セラミック、チタンなどの無機物を繊維に織り込んだUVカット素材が存在します。
これで作られた服や水着は高いUVカット率を誇るので、ぜひ検討しましょう。
 
UVカット塗装
 
普段着にUVカット機能を加えるスプレーが売っているので、活用するといいでしょう。
洗濯するときに一緒に混ぜて使うUVカット洗剤というものもある様です。
 
いろいろ工夫して
 
衣類のUVカット、どうでしたか?
いろんな対策があるので、用途の応じて使い分けてみましょう。
 
(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

アウトドアという名の異世界
A different world named outdoor.



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved